FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

占いたい事、相談したい事を具体的にリストアップする

賢く占いをうけるには、相談したい内容のリストアップは欠かせません。


例えば、あなたが対面や電話での占いをうけるとします。

1. 事前に具体的な相談内容のリストを作っておく

2. 恋愛運や金運・就職・人生など、漠然としか悩みをとらえていない

3. なんとなく占ってもらいたい

4. 冷やかしが目的で、占ってほしいことはない


このうちどの状況が、あなたにとって満足のいく占いをうけられるでしょうか?

対面や電話での占いは、○分×円という形式がほとんどです。

そのことを考えると、やはり1番目の本当に聞きたい事を整理してリストアップしておくという事が、効率的に占ってもらえていちばんお得ですよね。

せっかく自分の貴重なお金と時間を使ってみてもらうんです。

占ってもらう前に準備をしっかりしておいて、納得いく答えを得なければ何の意味もありません。

それに、占い師と実際に会ったり話したりしたときに緊張してしまって、聞きたい事もうまく聞けなかったなんて事もよくあります。

実際に文章にしてリストアップすると、意外と自分のこころが見えてきて、本当に聞きたい悩みが整理できるものですよ。



では2番目の漠然とした悩みの場合はどうでしょうか?

「私は恋愛運どうですか?」

こう占い師に尋ねたとします。

漠然とした質問には、占い師も漠然とした答えしか返すことができません。

今シングルなのか、気になっている人はいるのか、

その人とどうなりたいのか、お付き合いしたいのか、ゴールインしたいのか…

できるだけ具体的な相談内容の方が、多くを得ることができるものです。

聞きたい事を探すのに時間をとられて、ようやく本当に相談したい事が分かった頃には占い時間が終了…なんてもったいないと思いませんか?



3番目の場合はそもそも占いを必要としていませんし、占い師に思わぬ悩みの核心を突かれて、うろたえたり逆切れしたりするケースもあるそうです。

しかし、そのことが自分と向き合う機会となって、自分にとって利を得ることもありますので、一概に良くないとは言えないかもしれませんね。



4番目の場合に至っては、占い師なんだから自分の事を当ててみろという態度の人も。

占う側にとっても迷惑ですし、占いを依頼する方も時間とお金が無駄です。



このように、対面式にせよ、電話占いにせよ、メール鑑定にせよ、相談する内容はより具体的の方があなたにとってお得な結果を得ることができます。

これから占いをうけようと思っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。



【電話占いヴェルニ】





スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル - ジャンル : 心と身体

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。