FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

占い鑑定料金システムについて その2

今回は、占い鑑定料金システムについて

■ 占い鑑定料金システムの謎。時間制vs件数制、どっちがお得? に続いて、

■ 内容・料金共に損をしない、占い鑑定を受ける前に準備したい4つのポイント

について、お話したいと思います。


■ 内容・料金共に損をしない、占い鑑定を受ける前に準備したい4つのポイント

前回、相談内容を明確にしておくのが大事とお話しましたが、

それを助ける為にも、4っのポイントを準備しておきましょう。


■ 自分の(相手がいる場合は相手も)生年月日をメモにしておきましょう。

誕生日占いをしない場合も、生年月日を聞かれる場合があります。

どのような形の占いでも、生年月日は占う対象の重要な情報だからです。

和暦・西暦のどちらでも大丈夫ですので、用意しておきましょう。

生まれ時間や、出生地を聞かれる場合もあります。

ここで大事なのは出生地は生まれた場所である事、例えば出身地が東京であっても、

生まれた場所が母親の郷里(例として山口県)の病院で、里帰り出産だった場合は、

山口県が出生地になります。

出生地は分からなくても大丈夫ですが、情報が多いほうが、

より確実な占いになりますので、出来うる限り調べておきましょう。

相手がいる場合は、相手の情報も同様です。

相手の情報が分からない場合は、きちんと分からないと伝えましょう。

現在の情報に合わせた占いをして貰えます。


■ 聞きたいことを箇条書きにしておきましょう。

占いである以上、何を占って欲しいのか?、これが決まってなければ始まりません。

頭の中に用意していても、場の空気に飲まれて出てこない場合が多いものです。

恋愛・結婚・仕事・金銭等、ざっくりとした形で結構ですので、メモにしておきましょう。


■ メモやレコーダーを用意しておきましょう。

私もそうですが皆自分に都合よく解釈するものです。

占い自体、自分により良い方向で解釈すれば良いわけですから、

それはそれで正しいのですが、そのあまり占い師の言葉とは、

全然違う解釈になる人も珍しくありません。

後で振り返るためにも、占いの結果を正確に記録に残しましょう。

録音が占い師に対して、失礼な行為にはなりません。

自分に自身のある占い師は、むしろ歓迎します。

携帯のボイスメモでも結構ですので用意しておきましょう。


■ 自分の占いの経験度や理解度を、はじめに伝えましょう。

占いははじめてである。携帯占いはやった事がある。対面占いは2回目等、

どのような形でも結構ですので、占い師に自分の理解できるレベルを伝えましょう。

どのような業種でもそうですが、自分の解釈と相手の理解力にギャップが大きいと、

伝えたい事を正しく伝えると言う事は、大変難しくなります。

最初に自分の理解力や経験を伝える事によって、

占い師は貴方に合った話し方をしてくれます。

ここで見栄を張ってしまいますと、占い師は理解できるものと思い、

専門用語等を交え話してきます。

せっかくの占いも、占い師の言葉の意味が分からなければ、何一つ役に立ちません。

初めてであっても、けっして恥ずかしい事ではありませんので、

きちんと自分のレベルを伝えましょう。


上記4項目の準備をしておけば、占いはより充実した物になりますので、

準備をしてから挑みましょうね。


占いをして貰う時は、自分の準備が大事

まずはその事を、忘れないでくださいね。


次回は占い館の経営の占いと、個人の占い、メリット デメリット

について述べて行こうかと思います。


占い・鑑定 ブログランキングへ

【電話占いヴェルニ】
スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル - ジャンル : 心と身体

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。