スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気軽に占いを受けるには?賢い占いの受け方 その3

今回は、気軽に占いを受けるには?賢い占いの受け方

「自分の心のコンディション」に続いて、

「占い師の気遣い」ということについて、

お話したいと思います。


前回お話したとおり、触れられたくない部分に一線を引く。

そんな受け方が出来れば、気軽にエンターテイメントとしての占いを楽しむ事ができます。


さらに言えば、占い師の選び方さえしっかりできていれば、何も問題が無いといえます。

しかし、占い師選びもそう簡単ではありませんよね。


私たちも期待と不安の感情があるように、占い師もまた気遣いをしているものです。

大概の占い師は、二面性をもって対応しているようです。

深い悩みを持つ人に対しては、人生に深く切り込む占い師としての顔。

もう一方の顔として、気軽なエンターティナーとしての顔。

このような心得をもって、接している占い師が多いようです。


私たちにとっては初めて相対する、期待と不安が多い占いですが、

彼らは大事な個人個人として相対してくれますが、

経験として占いがエンターティナーとして、気軽に受ける物でもあると理解しています。


ですので、お遊び半分で占い師に失礼ではないのか?

私達からのそのような心遣いは、無用であるともいえます。

もちろん初めからフレンドリーに接する、

友達の様な言葉遣いで接していい訳ではありません。

初対面の人に対する礼節は守りましょう。

そこだけ守れば大丈夫ともいえます。


初めてだからと変にかしこまらずに、占いの世界の間口を広げる為に、

最低限の礼節を守り、気軽に占いを受けてみましょう。


占い師もそれぞれに気遣いをしてくれている

深過ぎる気遣いは無用である

まずはその事を忘れないで下さいね。


次回は、占い結果が悪かったらどうすればいい?

について述べて行こうかと思います。


占い・鑑定 ブログランキングへ

【電話占いヴェルニ】



スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル - ジャンル : 心と身体

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。